宮崎でアロマやハーブカラーセラピーの小さなサロンをしております。色と香りと音楽に溢れた毎日を目指して


by pluis417
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カランコエ*

ボタニカル研究家のmihoです。

先日母のマネをして、カランコエの挿し芽をしました。
d0171004_137765.jpg

カランコエは新芽を土に挿しておくだけて簡単に根付いてくれます。
我が家でもだいぶ大きくなり、そろそろ植え替えしても良さそうです。

実家のお花たちも母の手によって、沢山増えていました。
その中で買おうか悩んでいたポーチュラカを増やしていたので、
いくつかもらってきました。


そして実家にも沢山増えたハーブ。
自宅にもあるのですが、あまりの勢いの良さに欲しくなり、もらってきました。
d0171004_1330276.jpg

先日のシロップにも使ったタイム
学名 Thymus vulgaris
科名 シソ科

こちらも挿し木でさらに増やそうと思っています。
[PR]
# by pluis417 | 2010-06-10 13:39 | アロマ&ハーブ

マトリカリア*

ボタニカル研究家のmihoです。

私の祖母はフィトセラピストでした。
いえ、本人はそう思ってはいませんでしたが、今になって思えばそうだったなと。

植物のことに詳しく、その薬効にも詳しく、よく利用していました。
育てることも得意で実家の庭や畑は祖母が見つけて来た、もらって来た植物で
本当にいっぱいでした。

子供の頃はそういったことに興味がなく、色々と教えてくれていたことも
残念ながら今ではほぼ覚えていません。
時々母に、「おばあちゃんがそういってたよ」と聞かされます。

ハーブも見つけては増やしていたようで、私の知らない間に使い方の解らない母により
キレイに処分されていました。
これも、母に後から聞いた話です(笑)

今日は今なら、色んな話も出来たのになぁ…と思いながら庭の手入れをしていました。
d0171004_203072.jpg

きっと、これも育てていたことがあったでしょう。

マトリカリア
別名:フィーバーフュー、ナツシロギク

フィーバーフューという名前は解熱効果に優れているところから「熱を下げる」
という意味の「フィブリフューガ(Febrifuga)」が訛ったものといわれています。
葉っぱは、強烈な薬品のような臭いから、ハチやアリを近づけない防虫剤的な利用も
出来ます。
偏頭痛に効果がみられるとして、2000年以上の歴史を持つ。
最近では主成分パルテノライドに発毛効果があるとの研究結果も。
その他、憂うつな気分が晴れる、関節炎を和らげる、シミやソバカスを減らす。
d0171004_2021569.jpg

我が家では、バラのコンパニオンプランツとしてお隣に植えています。
おかげさまで沢山の蕾をつけ、元気に育っています。
[PR]
# by pluis417 | 2010-06-07 20:37 | アロマ&ハーブ

アロマティカス*

ボタニカル研究家のmihoです。
フィトセラピストとして、日々過ごしております。

アロマやハーブの講師の依頼をいただいたり、イベントに参加させて頂いたり。
また、サロンではトリートメントやカラーセラピーもお受けしております。

d0171004_2334355.jpg

こちらは最近購入した、アロマティカス
学名 Plectranthus amboinicus
シソ科 プレクトランサス科 非耐寒性常緑多年草
別名 スープミント キューバンオレガノ

多肉植物とハーブの2つの顔を持っています。
香りがとても良く、ミントのようなそれでいてほんのり甘い香りがします。
中南米辺りでは肉料理に使い、香料としても使われているようです。

*--

d0171004_23335912.jpg

今日は庭のハーブを使ってレモンバームのシロップを作りました。
レモンバームは解熱剤として利用されます。
今回はのどの痛みにも良いタイムも一緒に使い、風邪用シロップとしました。
d0171004_2335108.jpg

ほんのりレモンと甘い香り。
お湯で割っても、炭酸で割ってもOK。

お酒の好きな方ならカクテルの材料としても美味しいと思います*
[PR]
# by pluis417 | 2010-06-06 20:56 | アロマ&ハーブ